最近全身脱毛のトレンドは「月額制」です。ただ、月額制といっても実際には回数契約を分割払いする意味合いで月額制といっていることも多いです。月額制と分割払い制どちらのサロンを選ぶのが良いのか?詳しくご説明いたします。

実は2種類ある「月額制プラン」

全身脱毛などで公式キャンペーンページで「月額制コース」という表記のあるサロンが増えています。脱毛ラボが先駆けですが、他にもエタラビ、シースリー、銀座カラー、キレイモにも月額制プランがあり、月1万円前後と非常にリーズナブルな価格で全身脱毛できるため今人気があります。 この月額制ですが実は3種類のパターンがあり、メリット・デメリットもそれぞれ違うため自分に合った方を選ばないとサロン選びで失敗してしまいます。

リスクが低いが忙しい人には向かないフィットネスクラブ型

サロンに通っても通わなくても毎月会費を1万円前後口座引落で支払うフィットネスクラブと同じタイプの脱毛サロンです。 このタイプは初期コストが安く、いつでも辞められるのがメリットです。 最初に6回コースや12回コースなどの高額契約をするわけではないため気軽に契約できます。 キレイモだと初月500円、2ヶ月目9500円なので合計1万円で2ヶ月間通ってみて、気に入らない場合はそこで解約すればそれ以上の支払いが発生しないため非常に低リスクといえますが、通わなかった月も課金されるため、毎月コンスタントに通えない忙しい人には向きません。 学生さんなど平日の日中に通える方には最適なタイプです。

このタイプの脱毛サロンは脱毛ラボキレイモがあります。

回数パック契約を分割払いで支払うローンタイプ

脱毛ラボとキレイモ以外で月額制と言っているのは殆どこのローンタイプです。
全身脱毛6回コースの料金を毎月の分割払いにしたときに月額1万円弱になるように支払い回数を調整しているサロンが多いです。

このタイプのメリットは毎月通わなくてもよいため自分のペースで通えるということです。大体3ヶ月に1回の来店ペースで1年半くらいで全身脱毛6回分を消化することになります。

このタイプの脱毛サロンとしては銀座カラーシースリーがあります。

結論!フィットネスクラブ型の月額制サロンが低リスクでお勧め

全身脱毛ランキング

ここがポイント!
剃り残しのシェービングサービス有り
ジェルを使わないので寒くない
月額制でも月1回だけの来店で良いので楽
ネット予約対応
脱毛時の痛みの少ない最新型脱毛器を使用
VIOやワキを除いたプランもある

料金の安さと、利便性、接客の良さなど総合的に一番おすすめなのがキレイモです。

キレイモが他のサロンよりも良いと思う点をひとつだけ上げるなら「剃り残しの剃毛補助サービス」があることです。
全身脱毛は事前処理の範囲が広いのでどうしても剃り残しがでやすいです。oラインなんて剃れてるのかよく分からないですし・・・。
キレイモは月額制は有料1000円ですが、パック契約なら無料でシェービングサービスが付くので多少の剃り残しはあっても店舗側でシェーバーで剃って対応してくれます。

料金は最安値ではないものの国内TOP5には入る安さです。月額9,500円で月1回来店、2ヶ月で全身脱毛1回分を消化できます。忙しくて毎月通えるかどうか分からないという方の場合は、6回コースや12回コースといったパックプランもありますので、パックプランなら自分の都合の良いときだけ予約を取って無理なく通えます。

通える地域に店舗がある方はキレイモが一番おすすめです。

キレイモの今月のキャンペーンページはこちらから
2位

脱毛ラボ

脱毛ラボ
ここがポイント!
営業時間が10:00〜22:00と長いから通勤帰りに通いやすい
辞めたくなった時点でいつでも辞められる
パックプランなら予約が取りやすい。2ヶ月に1回ペースで消化できる
月額制プラン以外にもお客さんに合わせた多彩なプラン有り
ミュゼと同じS.S.C方式の脱毛で制毛効果あり

日本ではじめて月額制の全身脱毛コースを始めた脱毛ラボ。
キレイモが近くにない場合には脱毛ラボがおすすめです。
月額制はまったりコースは6ヶ月、普通コースだと2ヶ月で辞められるので最初に何十万ものお金を用意しなくても気軽に全身脱毛を始めることができます。料金もミュゼよりかなり安いです。 頻繁に通えない方の場合は回数パックであれば2年間で6回通えばよいのでおすすめです。解約するときに未消化分の9割は返金されるので、12万円を払える場合は回数パックの方が良いかもしれません。

脱毛ラボの今月のキャンペーンページはこちらから
3位

銀座カラー

銀座カラー
ここがポイント!
分割払いの金利がかからない!
どのプランも月額定額に分割払い可能
回数無制限プランなら最後の1本まで脱毛できる
保湿ケアを施術前後で行うのでお肌がスベスベになる
脱毛学割プランで学生さんはさらにお得
8部位選択でよければさらに安いお得なプラン有り

関東ではミュゼと並んで人気のある脱毛サロンです。
分割払いをするときに10回払いまでは金利が掛からないため、分割払いで支払いたい方に最適です。
部分脱毛でも回数無制限が選べる数少ないサロンなので、「毛量が多く回数が多く必要そう・・・」という方に合った脱毛サロンです。

銀座カラーの今月のキャンペーンページはこちらから
4位

ラ・ヴォーグ

ラ・ヴォーグで現在開催中のキャンペーン
ここがポイント!
全身脱毛に顔とVIOが付いて料金が業界最安値クラス
2週間空ければ次の予約が取れる
ネット予約対応
気軽に試せる月額プラン有り
日本人に合った最新型脱毛機器を使用

九州地方で人気の脱毛サロン「ラ・ヴォーグ」が全国展開。 安い月額制コースから、業界最安値クラスの全身脱毛55部位プレミアム脱毛プランなど料金の安さで定評あり。 脱毛ラボのスピードコースと同様に、次回の予約が2週間空ければ入れられるので脱毛完了目安の12回が半年〜1年で通えるのが魅力です。

ラ・ヴォーグの今月のキャンペーンページはこちらから
5位

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムのキャンペーン
ここがポイント!
店舗数が多いので引っ越しても基本的に継続可能
両ワキとVラインは回数無制限
当日キャンセルでもキャンセル料が一切かからない
24時間いつでもネット予約が可能
生理中でもVIO以外は脱毛可能
解約時に未消化分は全額返金されるので安心

料金は全身脱毛専門サロンよりも高いですが、その分自由度が高いです。ミュゼは当日の急なキャンセルでもキャンセル料が一切かからないですし、全身脱毛でも当日時間があまりない場合であれば優先して施術したい部位だけ脱毛して、残りは別途予約を取り直すといったことも可能です。多少高くでも接客が良くサービスの良いサロンで脱毛したい方はミュゼがおすすめ。

ミュゼプラチナムの今月のキャンペーンページはこちらから

KIREIMO(キレイモ)が全身脱毛サロン1位の理由

理由1 予約が一番取りやすい

脱毛サロン選びで料金の次に重要なのは「予約のとりやすさ」です。 どれだけ安くても予約が取れなければ中々脱毛の回数を消化していくことが出来ません。 キレイモは予約の取りやすさに徹底的に拘った脱毛サロン。店舗が広く、一人当たりの来店回数を少なく済むように短時間で広範囲を施術できるため、予約が取りやすいです。また24時間ネットでいつでもどこでも予約できるのも便利。

理由2 いつでも辞められるのでリスクが低い

月額制なら解約しばりは2ヶ月だけ。初月無料で2ヶ月目9,500円なので1万円程度のお金で2ヶ月間全身脱毛1回分を試してみることができます。気に入ったらそのまま通えば良いですし、辞めたくなったらいつでも解約可能。また、回数パックプランで契約した場合も、解約時に未消化分は返金してもらえますので非常にリスクが低い脱毛サロンです(※解約手数料として残金の10%か2万円の安い方を支払う必要はあります。)

理由3 月額制でも2ヶ月に1回だけの来店で良い

脱毛ラボの月額プランやシースリーなど1回の来店で全身の4分の1しか施術してもらえないため、全身脱毛1回分を消化するのに4回も来店しなければなりません。毎月2回ペースで通い続ける必要があります。キレイモの場合は月額制の場合でも、1回の来店で全身すべてを脱毛してくれるので1回の来店で全身1回分を消化できます。2ヶ月に1回だけの来店でよいので忙しくても無理なく通うことができます。2ヶ月に1回のペースでも通えないという方はパックプランなら1来店で全身全てを施術してもらえますので、3ヶ月に1回の来店ペースなど自分のペースで通えます。

キレイモの今月のキャンペーンページはこちらから

月額制の全身脱毛のメリットとデメリット

エステなどで受けられる脱毛のプランには、フィットネスクラブの月会費や塾の月謝のように月々に決まった額を支払う月額制の全身脱毛があります。 この「月額制」プランはメリットもあればデメリットもあります。

月額制のメリット

月額制の全身脱毛の一番のメリットは「辞めやすい」ということです。

どんな脱毛サロン、脱毛クリニックでもスタッフとの相性が悪かったりで続けられないという場合があります。そんな場合、回数制ですと面倒でついつい回数を残したまま通わなくなってしまうこともあるでしょう。

「脱毛はしたいけど、あのスタッフさんに会いたくない・・・」

そんな場合、月額制プランであれば来月までで辞めるということが簡単にできます。

信販会社やクレカの分割払い(ローン)とは違い、途中でやめてもそれまで通った分の支払いだけで済むので大きく損することがありません。

月額制のデメリット

月額制の最大のデメリットは「通わなくても費用が毎月引き落としされる」ことです。

今月は忙しくてサロンに行けなかったとしても、今月分の月額費用は引き落としされてしまいます。

学生など時間がある方であれば毎月通うのは不可能でないと思いますが、働いているとそうもいかないということもあるでしょう。

そんなこともありトータルでの費用はどうしても回数制よりも月額制のほうが多く必要になってしまうのが普通です。

生理中はVIOの施術を受けることができないため、予約もいつでも入れられるわけではないですから毎月必ず通うということが難しいです。

結局どちらがお得?

6回コースの脱毛料金の相場は10〜15万円くらいです。

このお金が用意できる場合は月額制よりも回数制で契約するほうがトータルではお得です。

仮に2回とかで途中解約した場合、残りの回数分は解約手数料で最大2万円は引かれるものの9割くらいの残金は戻ってきます。

通わなくても費用がかかってしまう月額制は10万円とか払うのは無理という方向けのプランです。

手持ちのお金に余裕が無いけど脱毛したいという場合に月額制プランは威力を発揮します。

ローンと違って審査もないので誰でも月額1万円前後あれば全身脱毛できるというのはメリットです。

したがって学生や主婦の方など毎月サロンに通うのが難しくないけど、自由に10万円を超える費用は捻出できないという方は月額制を選ぶとよいでしょう。

それ以外の場合は回数制プランで契約することをオススメします。

当サイト一推しの全身脱毛サロンはこちら

ここがポイント!
剃り残しのシェービングサービス有り
ジェルを使わないので寒くない
月額制でも月1回だけの来店で良いので楽
ネット予約対応
脱毛時の痛みの少ない最新型脱毛器を使用
VIOやワキを除いたプランもある

月額制も回数制もどちらも選べて料金やサービス面でもおすすめできるサロンです。

キレイモの今月のキャンペーンページはこちらから

全身脱毛する様々な手段

全身脱毛する方法には、様々な方法があります。ただし、大きく2種類の方法に分けることができます。1つは、ほぼ半永久的な脱毛効果を得ることができる方法で、電気針脱毛や光脱毛、医療レーザー脱毛などがあります。もう1つは、一時的に脱毛効果を得ることはできるものの、数ヶ月で元の状態に戻ってしまう脱毛方法です。具体的には、ワックス脱毛やシェービング、フィトエピラシオンなどをあげることができます。

 両者の最大の違いは、先程も述べたように効果の持続性の有無です。一見、半永久的な全身脱毛効果を得られる方法の方が有利なように見えますが、もちろんデメリットもあります。まず、その脱毛効果に即効性がありません。光脱毛や医療レーザー脱毛は毛周期に合わせてだいたい5〜6回施術を受けたところで、やっと効果を実感できるのが普通です。ですので、最低でも1年半以上通い続けることが必要になります。また、電気針脱毛の場合ですと、1度に処理できる毛はせいぜい30本程度ということになりますので、全身脱毛が終了するまでには、気が遠くなるような長い時間がかかります。さらに、いずれの方法も費用がかなり高くなります。

 一方、一時的な脱毛効果しか得られないワックス脱毛などの場合ですと、効果に即効性があるというメリットがあります。施術を受けた帰り道には全身がツルツルになっていますので、急いで全身脱毛する必要に迫られている場合などには重宝することができます。また、費用の方も比較的安価です。

更新履歴