脱毛エステと医療レーザー脱毛の違い

今、女性たちの間で脱毛がブームとなっています。 このブームの火付け役となったのは、脱毛エステの光脱毛といえるでしょう。

これはテレビのCMや広告で大きく宣伝されていることも人気の理由の1つですが、脱毛エステの光脱毛は比較的低価格で、しかも痛みがほとんどないことが多くの人の支持を受けたのです。

しかし脱毛方法は、このエステの光脱毛だけではありません。 もう1つの主流が、美容外科や皮膚科といったクリニックによる医療レーザー脱毛です。

では、光脱毛と医療レーザー脱毛の違いとはいったいどのようなものなのでしょうか。 先にあげたように、光脱毛は脱毛エステサロンで行う施術で手軽さが人気となっています。 一方医療レーザー脱毛は、光脱毛より威力の強いレーザー光を用いた方法で、医療機関において医師もしくは看護師のみが施術できるものです。

これはそれだけ強力であり、もちろん効果も高いとされています。 その例としてあげられるものに、永久脱毛があります。 永久脱毛とは、文字通り永久にムダ毛が生えてこない状態ですが、実は脱毛エステの光脱毛ではそれは不可能とされ、一時的には脱毛できても、いずれまたムダ毛が復活してしまうとされています。

しかし、医療レーザー脱毛はその強い威力でムダ毛のもとである毛根を破壊し得ることから、永久脱毛ができる唯一の方法と認識されているのです。 ただし、その威力ゆえに光脱毛より痛みを感じやすく、また医療機関での施術とあってやや高額とされています。 このように、2つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるのです。"